真面目でこだわりがない人の買い物

これを「スキル」と捉えるか、「悪意」と捉えるかは自分次第だと思う。

 

本日のお話は、「洗脳」について。

 

俺は学者ではなく単なる底辺ブロガーなので、学術的な話は出来ない。でも、こんなことってあるよね?という話をするので、ご自身の何かに置き換えて読んでみてください。

 

昔からの友人に、年の離れた弟がいる。この弟が最近、住宅を買いたいと思っているらしく俺に相談に乗って欲しいと連絡が来た。

それで俺もめずらしくその弟のアパートに行き、話を聞くことにした。

 

住宅メーカーはどこを見ているのか、いくらの予算で、どのくらいの大きさの家が欲しいのか、みたいなことを聞いていた。

弟は随分と勉強をしているらしく、気密性と断熱性の測定値がいくら以上で、熱交換換気システムがあり、その交換効率が何パーセント以上で、断熱材は何を使っていて、厚さはこのくらい、サッシはトリプルサッシで熱貫流率は0.8W/(m²・K)で、太陽光は10kw、蓄電池の容量はこのくらい、基礎断熱で、などと並べていく。

 

「へえ、随分と高性能だけど予算はいくらなの」と俺が訊く。

「建物だけで諸経費を入れて2000万円以下。」と弟。

「無理だろ。」

「それ以上は借りられないよ。」

「奥さんと収入合算して銀行で審査してもらって、もっとまともな家を建てろ。」

「うちのやつが、若い頃自己破産しているから無理」

「それなら、最低限の性能がある小さな家にしないと。」

「性能に妥協は良くないと思うんだよね。」

 

 

それで、どんな家にしたいの?と、俺はもう一度訊いてみた。

 

「どんな家かはまだ決めてない。」

 

俺はそこまでの会話でいろんなことに気づいてしまった。

誤解がないように言うが、この弟は子供の頃からおとなしく、素直な性格をしている。別にオシャレでもないし、女性にモテてたわけじゃない。7年とか付き合った彼女がいまの奥さんで、奥さんもユニクロの服をいつも着ているような人だ。素直で優しい人。自己破産したのは実家のトラブルが原因らしい。

 

「お前さ、俺の想像だけど、〇〇(住宅メーカー)で話を聞いてきただろ。」

「え、何で分かるの。」

 

やっぱり。

素直な男がこうなってしまう典型パターンなんだよな。

 

家の性能のスペックだけを並べ、アピールをされる。その話に圧倒されて家に帰ってくる。初めて知った知識についてネットで調べ始める。YouTubeなども見る。やっぱり当たっていた。

「この性能がない家は、建てちゃいけない」と思い始める。

どんどんマニアックになっていく。次に営業マンに会う時にはある程度の知識がついていて、男は質問をする。するとさらに知識が補強されて、満足感が増す。

 

営業マンは言う。

「ぜひ、他のメーカーも見に行ってみてください。粗悪な家ばかりでびっくりしますよ。」

その通り、他社も見に行く。そちらの営業マンに質問をする。

「気密性能の数値はいくらですか?」

「測定はしていません」

・・・ありえない!とんでもない会社だ!

 

素直で真面目な男ほど、こういう状況に陥る。

 

簡単な話なんだよ。

主体性もこだわりもない真面目な人間に、強い言葉でスペックの意味を植え付けると、価値判断の基準が出来上がってしまう。

その基準でしか勉強しなくなるし、物事が目に入らなくなる。基準を外れたりする人、軽く見る人を強い言葉でバカにし始める。

 

恋愛でも似たような人がいるよね。やはり多くは真面目な人ばかりだ。

 

自分の中に基準を植え付けられたことに気づかない。それを「洗脳」とも言うんだよ。

 

友達の弟に、提案されている間取りを見せるように言うと、恐る恐る出してきた。

 

25坪。主寝室が四畳半。ベッドは置けない。子供が3人いるが、全員に個室はない。クローゼットは夫婦で一本の棒だけ。そもそも掃除機さえどこに置くのか分からない。

リビングはダイニングテーブルを置けばソファは置けなくなる。

 

「お前さ、これ、奥さんのパンティすらどこに仕舞うんだよ。ホームセンターから収納ボックスでも買ってきて廊下に置くのか。」

「性能の数値が悪いと換気も効率が悪くなるよ。」

「バカじゃないのお前。何人家族なの。これなに、気密断熱に優れた熱交換換気付きの小屋か。」

「・・・この蓄電池は30年壊れないっていうし・・・」

「どんな夢のリチウム蓄電池だよ。リチウム電池の上に布団敷いて寝ろよ。」

 

営業マンも悪質すぎる。壊れない機械があるのかよ。

もうバカすぎてどうしようと思ったが、根気よく話を続けた。

 

そもそも真面目過ぎて、買い物を楽しんだことがないんだろう。買い物について哲学が全くない。

 

買い物っていうのは、生き方を選択することなんだよ。こんな生活をしたい、こんな気持ちになりたい、こんなことが出来たらいいな、そんな理想に近づけていくために選択を繰り返すのが買い物。

 

まず人生が先にあるの。

服だってそう。流行っているからではなくて、自分がこんな気分になりたい、こんな場所でこんな印象を与えたい、こんなリラックスした時間を過ごしたい、みたいな理想があってこその服選びでしょう。

まさか、トレンドがこれだからとか、そんな理由では選ばないよね。

 

いや、選ぶ人たちがいるんだよ。そして必ず、そのトレンドに沿っていない人をダサいとバカにする。

人生の理想をいつも考えていたら、自分にふさわしいものを選択するだけの作業なのに。

 

この弟の件も、家族とどう過ごしたいかっていう理想がないまま、スペックだけを追いかけていた。営業マンも悪意があるのか無責任なのかその両方なのか。それともそういう教育を受けているのか。結果的に真面目な人間に間違えた価値基準を植え付けてしまった。

この先は後悔と不幸しかない。

 

性能はもちろん大切だが、まず自分がどんな生活をしたいのか夫婦で話し合えよと言った。でもそんな話をしたことがないから無理なんだよ。

高性能な小屋に、モノを溢れさせて生活するだけだ。

 

出せる金額が限られているのは別に恥ずかしいことではない。大切なのはその中で何にお金を使うべきなのか考え抜くこと。それは生き方や感覚に関わるものであること。

絶対に優先はスペックではない。スペックや耐久性は大切だが、そこだけオーバースペックにしてもしょうがない。リチウム電池の上に布団を敷くわけじゃないんだ。

 

洗脳というのは、真面目でこだわりがない人が受けやすいのはこんな背景がある。

 

恋愛でも、宗教でも、買い物でも、強い価値観を植え付けて価値判断基準を支配する空気感には敏感にならないといけない。

好きであることと、洗脳されることとは似ているけど、全く別のことだよ。

 

逆の立場で考えると、こんな洗脳の仕方を悪用する人間ではいたくないものだけど。

 

苦しいなら仕事は変えてもいいんじゃないの

これは別に今に始まったことではないけれど、今の自分の職場環境が苦しくて仕方ないという人は本当に多いと思う。

 

もちろん、今の環境に満足している人もいる。今の環境は学びがあって誇りも高く持てるし、お金を払ってでもいたい場所だと思う人も確かにいるんだよ。その多くはいわゆる一流企業やマインドの高いスタートアップだろう。優秀な人材が集まっている場所というのは、業種業態関係なく、そういうもの。

 

でも多くの人にとってそんなことは夢のまた夢。たとえ自分が優秀だったとしても、優秀な環境にいられるとは限らない。才能があっても境遇が悪ければ低学歴のままの人もいる。幸運が揃わなければ、たとえ頭脳が優秀でもいい環境にいられるわけじゃないんだよね。

「努力」という概念すら、偶然と幸運の産物だと思う。努力するということすら知らずに大人になった人たちは大勢いて、その中には本来知的に恵まれているはずの人も少なからずいる。

 

そうなると自分の本来の能力とは大きくかけ離れた環境で仕事をすることになる。

 

職場の腐った人間関係、陰口、妬み、目的と手段がすり替わったルール、上司の保身で潰されていくアイデアとやる気。

そんな環境にげんなりしながらも、いつの間にか自分もそこに留まっている。職場と関係がないところで、セミナーを受けたり意識高い系のオンラインサロンに絡んでみたり小難しい本を読んでみたりしているけれど、月曜になれば待っているのは、あの死んだような顔をして、何もしないのが安全でいられるコツというあの職場。

自分もいつしか、意識だけは高いつもりの、何もしない人になってしまっている。

 

逆に、自分の能力よりも高すぎる環境にいて苦しむこともある。低学歴のはずだが何度か転職を繰り返してたどり着いたのが、新卒なら就職できなかったような企業だったり。

周りの能力が高すぎて、自分ができることが何もないと知ったときの苦しさってある。次第に、だめで当たり前、だめだと失望されて当たり前、出来なくて当たり前、期待されなくて当たり前になっていく。

「あの人、なんでここにいるの」という目線は気のせいではなく、本当にそう思われている。いつの間にか無能を受け入れて、何もしないことに慣れていく。

 

こういうことに、いつまで我慢するのかと思う。

一年、また一年と時間だけを浪費して、はっきり言えば業界の底辺で必要のないクズになりさがっていくことを、どうして自分に許しているのかと思う。自分が優秀であろうとなかろうと、いずれにしても必要とされていないわけだろう。

 

その環境が似つかわしくないほど自分が優秀だとしても、逆にそこが自分には高すぎる環境だったとしても、自分が月曜日を楽しみにできない状況なら、もう辞めるべきだと思う。

 

月曜日の朝が楽しみで、日曜日の夜に靴を磨いたり、服にアイロンをかけたり、仕事道具の手入れをする自分じゃなかったら、その職場はもう去る時だよ。

転職するのは負け、とか思っているとしても、もう負けてるじゃんって。月曜日の自分に負けて暗い顔をしてるじゃない。

 

優秀な人は、起業でも転職でも思い切りチャレンジすればいいと思う。

あまり能力は高くなくて、俺のように障害がある人は、無理せず自分のペースで働ける環境を見つけてもいいよね。

アンマッチな環境にいつまでも甘んじていては、心を蝕むだけだよ。

 

 

能力があるなら、能力を必要とされる場所に行けばいいし。

能力がないなら、自分が快適に過ごせる場所に行けばいいし。

 

それだけの話でしょう。

 

収入が下がってしまうなら、収入に見合った生活に変えればいいよね。それの何が悪いのか分からず怖がってるんじゃないの。

 

もう苦しむ必要はない。

「不安」を言い訳にしているわりに、自分の心の荒み方を心配できないほど腐ってるよ。

 

【アーカイブス】夜の世界は「情」の世界(2016年)

※この文章には誤解を招きやすい表現が多く含まれていますが、あとがきを読んでいただければ嬉しいです。

 

もう15年以上前のこと、風俗業の片隅で生きていた俺に、22歳の知り合いの女から電話があった。

その女が19歳の時、俺と知り合った。一時期は俺とセフレ関係だった。

その頃の俺は人生の中で一番太っていて、黒いシャツの胸をはだけて着ては乱暴な言葉使いをし、毎日違う誰かとセックスをするような男だった。

そんな俺と知り合うくらいだから、お世辞にもまともな素性の女ではない。

 

俺はエロの業界で一度も挫折を味わったことがなかった。それは今もそう。俺はエロの才能があった。エロに関係する仕事は全て上手くいった。昼の仕事がボロクソで屈辱しかない時期も、夜の世界では神がかっていた。自分で言うかって話なんだけど、謙遜して言っても、俺は天才だと思った。

 

そんな天才の俺に、22歳の元セフレの女が電話で言う。

「彼氏と風俗店を始めたいと思うんだ。アキラにアドバイスを貰いたいから、彼氏と一緒に行っていいかな」

「・・・ああ・・・はあ・・・」

最近付き合い始めた彼氏らしかった。

少しげんなりしたが、まあいい。

「会うよ」俺は言った。

 

翌日、2人と会った。事務所には部外者を入れない流儀だったので、近くのファミレスで待ち合わせることにした。ハンバーグを焼いた脂の臭いが充満しているような店だ。

そこで俺は、「そういう」商売をやりたいってどういうことなのか聞いた。

 

彼氏は結構出来る男らしくてね。当時35歳くらいかな。事業計画書と書いた分厚い資料を持ってきていた。

あー・・・と俺は思ったけど、仕方なくペラペラとめくる。いろいろマーケティング用語を駆使して書かれていた。よく分からない横文字ばかりだ。

へえ、かっこいいね。意味が分からないけど。

 

1分でチラチラ見て、俺は言った。

「やめときな。向いてないよ」

 

事情は聞いていた。もともとコンサル会社っぽいところで働いていたらしい。学歴も輝かしいものがあるし実績も十分。しかし、ある不祥事で解雇された。

それからどのくらいの月日が経ったのか分からないけれど、その彼女と出会ったという。

つまり当時のアキラと知り合うような、ろくでもない素性の女と知り合ったということだ(笑)

不祥事をやらかして失業した男が、まともな商売ではなく、風俗業をやりたいなんて言うわけ。

「彼ほどの能力があれば、風俗では敵なしだと思うんだけど。」それが恋人である彼女の評価だった。

 

だが、そいつがやらかしたことがどんな不祥事か想像がつく。二度と戻れない一線を越えてしまったんだろう。落ちていく人間は、出会う女もまともではなくなり、まともな考え方も出来なくなり、やることが安っぽくなる。

そして、これだ。

 

俺が向いてないと告げると、びっくりしていた。すいません、出直します、資料を作り直すのでまた見て頂けますか?彼氏はそう言った。

「それは構わないよ」俺はそう言うと、がんばれよって言いながらそそくさと店を出てきた。それから二度と会うこともなく、どちらからの電話も無視し、出ることはなかった。

 

優秀なのは分かる。優秀「だった」んだろう。でも、向いてない。風俗では一瞬たりとも成功できない。絶対に成功できないから、努力すら止めたほうがいい。

今からでも遅くない。女と別れてまともな人生に戻れ。

 

この男が不祥事を起こして、昔話よろしく転げ落ちてきたから言うではない。

夜の世界のことが何も分かっていないから、なんだ。

 

彼ら2人が分かっていないのは、夜の仕事、特に風俗は「情の世界」だってこと。マーケティングとかの理屈の世界じゃないんだよ。

「風俗嬢」という「オンナ」のことを、きっときみは理解出来ないだろうよ。

 

想像してみてほしい。

風俗嬢って言うと、どんな人達だと思う?きっと、お金で割り切ってビジネス意識の強い、冷静な女とか?仕事と普段の自分を完全に分けて生きている女?借金とか何か事情がある女?カネで店を渡り歩くプロ?スレた性格の厄介な女?性格が破綻している女?

きっとそんな風に思ってるだろうね。どれも間違いではないよ。でもごく一部の表面的な個性に過ぎない。本質とは大きく離れてるんだよ。

 

風俗の世界は情の世界なんだ。男の世界の理屈とは遠くかけ離れた世界。

 

きっと男同士ならこう言えば、モチベーションが上がるだろう。「みんな、力を合わせて頑張ろう!みんなでがんばって収入あげて金持ちになろう!」

とか。あるいは

「夢はなんだ?ベンツか?いつ買うんだ?それ絶対に来年叶えよう!」とか(笑)

 

それを風俗嬢に言えばいい。こう返してくる。

「うぜーよ」

 

え?おまえ月収200万円あるじゃん、なんでそんな冷めてるの?って男は思ってしまうよ。仕事頑張るのは自分のためじゃん、自分の目標だけを見て頑張ればいいじゃん、みんなでがんばってみんな金持ちになろうって、それダメなのか?

 

それが男の考え方だ。

 

残念ながら、女性だけのチームは、そういう「目標を目指しましょう」ノリは無理なんだよ。もちろん理屈ではそれがいいのは女たちも分かってる。でも、それでやる気になる女はほとんどいない。

これは俺の勝手な想像というかイメージの話なんだけど、男は群れの論理で生きているのかもしれない。群れを作って獲物を狩るという成果物で評価されてきた。だから今も仕事の成果=自分の存在価値になりやすいし、それを支えてくれる群れにリーダーに忠誠心を持ちやすい。

しかし女はそうじゃない。仕事の成果物が自尊心を直接繋がる人は多くはないと思う。お金を稼いだからといってその額面が存在価値になることは珍しい。

「目標を目指そう!」は女性の群れの中ではあまり褒められた言葉ではない。

 

俺のチームではその言い方はしていなかった。

俺は18歳から夜の女を知っていた。夜の女達に育てられてきたんだ。

風俗嬢がモチベーションを下げてしまったとき、たとえば出勤して来なくなったとき、俺が言ったのはこうだった。

 

「○○さ、俺、金稼ぎたいんだ。金が必要なんだ。すごく困ってる。だから、俺のために頑張ってくれないか?俺は絶対復活したいんだ」

 

男が聞けば情けないセリフにしか聞こえないよね。俺もそう思う。

でも必ずスタッフの女性達はこう言ってくれた。

 

「分かった。アキラのために頑張るね」

 

風俗嬢が気持ちよく働けるように、俺はありとあらゆることをしていた。遠くに出張に行った時はお土産を買う、夏はコンビニでお高めのアイスを買ってくる、お金が足りないという子には理由はともあれお金を貸す、旅行に行けば必ず一人一人に欲しいものを買ってあげる、毎日「可愛いね」って褒める、髪を切ったら誰よりも先に気づく、トラブったら俺が矢面に立つ、女が悪いと分かっているトラブルでも女を100%庇う、NGにしなくてもいい客をもNGにして葬り去る。いろいろ。

 

風俗嬢は、一般的な女性よりもずっと「女性性」が濃縮された性格をしていることが多い。もちろん例外もある。傾向としての話をしている。

「オンナ的」であることが割と濃厚に性格に表れやすい。だから風俗嬢は少し間違うと、DV彼氏に引っかかってしまう、彼氏の借金を肩代わりして金を無くしてしまう、客に金を貸してしまったり、それでも男のことを100%悪いと断じることが難しい。あの人はクズだけど悪い人じゃない、私も悪かったから・・・と言う。

 

いくら金を稼いでいようと、目標必達型の性格はしてない。いや、目標をはっきりと言える子でも、根本にあるのは、「ボスのために頑張る」っていう情の部分なんだよ。

 

個人単位で歩合で働く仕事では、多かれ少なかれこれが言えるよね。

風俗然り、営業しかり、販売しかり。美容師もそうかもしれない。

特に女が1人で戦ってくる仕事では、モチベーションは収入とか地位とかそういう自分で完結したものでは上がらない。必ず、「尊敬する誰かのため」っていうのがないと、戦う前に、仕事に来なくなる。

自分のためだけでは、ストレスを乗り越えられなくなるんだろうね。

オーナーのため、上司のため、社長のため、師匠のため。特に夜の女は目標の力では動かない。

 

(しかし、夫のためというのはなかなかいない。彼氏のためも多くはない。その群れのボスのため、っていうが大切で。)

 

女性性が強い女の群れの中では、しばしば間違いも起きやすい。群れの中でもひときわ情が強いやつが、ボスと個人的にできてしまう。恋愛感情と見間違えやすいんだよな。ストレスの強い職場環境であればあるほど、ボスや上司への情緒的な尊敬が強まっていき、それが恋愛だと思ってしまうのかもしれない。

 

大学時代に仲良かった彼女が、就職したらなかなか会えなくなってしまい、半年もたたないうちに電話で別れを告げられるとか、経験ある男も多いと思う。これは彼氏に飽きたのではなく、新しい環境でストレスがちょっとかかったとき、その群れのボスへの情緒的尊敬が強まり、彼氏の価値がどんどん下がっていくからだよ。

ボスと恋愛関係にならないにしても、よく分からない感覚で、彼氏は不要になる。

 

風俗のチームでは、ボスは強く尊敬できるオスであることが絶対必要。しかも率先垂範でみっともなくもがく姿を見せながら、強い言葉でリーダーシップを示すこと。誰よりも「あなた」の幸せを考えていると表現すること。

そして、俺のために頑張ってくれと言い切れること。

 

アキラのために頑張るよ。

 

もしそれを男が言ったら、男は怒るだろう。俺のためじゃねえ、自分のためにやれよ!って。それが男の論理だから。

 

風俗嬢のように女の濃縮果汁版は違う。

誰かのために頑張る。だからそれを認めて欲しい。

アキラのために頑張る。

男の役割は、そう言ってもらえるように挺身することなんだよ。

 

自分のためだけでは頑張れない。

誰かの偉そうな命令も絶対いや。

理不尽で不公平で損をするようなこともいや。

でも尊敬できるボスのためなら、不条理でやりたくないこともやれると思う。

 

そういう「情」の部分を理解できないやつは、どう頑張っても一生、女からは支持されない。

少なくとも、女性に食わせてもらう商売をする場で、ボスにはなれない。

 

 

 

(あとがき 2020/2/1)

 

かなり誤解を招く記事だと思います。この記事を曲解してしまい、多くの実害を出してきたことも知っています。

「情の世界」だから、男に騙されても尽くすのが当たり前、だとか、

「情の世界」だから、ギャラ飲みだけで実質タダ働きさせられていい、だとか

「情の世界」だから、ボスを尊敬「しなければならない」、だとか。

冷酷なビジネス世界で、そんな間違った感傷を持ってしまった人たちが多くいたのは、この記事のせいだったかもしれません。

かつてアキラブログを熱心に読んでくれていたのは20歳前後の若い女性達であったため、恋愛の感性にまで間違った感傷を植え付けてしまったことを反省しています。

 

言いたいのはそういうことではないのです。

この記事は、女はバカでいろと言ってるわけでは絶対ないのです。女は依存しろと言ってるわけでもありません。誰かの間違いを無条件で受け入れなければならないと言っているわけでもありません。

 

夜の世界では、自立した女性達が、時に理屈に合わないことをあえて主体的に受け入れて、その理不尽さと自分の感情を手のひらで転がすように振る舞うことがあるのです。

それは「情」としか言えないような、不思議な感情で主体的に選択した行動です。

 

それは大人の行動でもありながら、大人がちょっと子供っぽさを選択するような感覚かもしれません。

 

当時の俺は、弱い人間で、トラブルを多く抱えていました。人生を何とかしなければならないと焦り、時に嘆き、突っ張って生きていました。そういう弱さと情けなさを含めて、「アキラ」というボスだったわけです。

きっと、尊敬というよりも必死に生きているみっともない姿に、意気に感じるものがあったのでしょう。

「アキラのために頑張るよ」と言ってくれる女性たちは、全員、根性のキマったリーダー格の女性ばかりでした。アキラに依存してそう言っている人は一人もいなかったはずです。アキラとの関係性に甘えを持ってそう言った人もいないと思います。

 

でもそういう意気に感じやすい彼女たちだから、ちょっと人生が狂っていればDVの被害者になったかもしれない。でも大人で自立しているのでそうはならない。そういう「危うさ」をここでは「女性性」と表現しています。

 

この情の真似事を女性自身が演じたり目指すことはできません。

情を男がコントロールすることもできません。

依存をしたりされたりということでもありません。

 

もちろん情だけでビジネスが回ってるはずもありません。

 

でも夜の世界には、なんとも言葉で表現するのが難しい、感傷が存在するのです。

 

夜だけではなく、大人の恋愛にもきっとこんな瞬間はあるのではないでしょうか。