読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関わっちゃだめな2人

仕事をしていると、こんな光景を目にすることがよくある。 今日も見た。 「能力が著しく高い人」と「能力が底辺の人」との会話が、完全に破綻してる光景(笑) もうね、悲劇だよ。どちらも不幸になる。 料理で例えるとね、 料理が得意な人は、レシピの工程の…

あなたの子供はギフテッドじゃないよ。

「ギフテッド」という言葉を知ってるだろうか。 ネットで検索すると、こんな意味として出てくる。 「先天的に平均よりも顕著に高い能力を持っている人のこと、またその能力を指す。 その人物における高能力の傾向は誕生時から生涯にかけて見られる。 外部に…

孤独に生きるということの本質

※今回のブログは、いろんな立場の人に、自分の身を守るための考え方の参考になると思います。ぜひご自身の何かに置き換えて読んでみてください。 アキラブログに度々書いていることだけど、仕事は孤独に取り組むものだと思ってる。 いつも言うように、仕事は…

そのブランドやスペックが、自分には関係ないこともある

向上心があって、何かを目指している人ほど、意外と「ブランドにこだわる自分」に気づいていなかったりするよね。 たとえばね、浪人生だとすると「予備校はここじゃないと気持ち悪い」「講師はカリスマじゃないと聞く気にならない」「この参考書の出版社が気…

夜の世界は「情」の世界

もう10年以上前のこと、風俗業の片隅で生きていた俺に、22歳の知り合いの女から電話があった。 その女が19歳の頃に俺と知り合い、一時期はセフレ関係になっていた。その頃の俺は人生の中で一番太っていて、黒いシャツをはだけて着ては乱暴な言葉づかいをし、…

suburbiaからのお知らせ

最近、ぽっきいのTwitterに馬鹿が数名湧いてきたんで、改めて説明します。 アフィリエイトの広告が貼ってある~詐欺だ~宗教団体だ~、とかね。ここで一応説明しないとなと思って。 まずはじめに、状況を説明します。 The Suburbia系のブログ、Twitter、イン…

プロであること

「プロ」って言葉についてどう思う? 残念ながら、日本人の大半は「プロ」という言葉を深く考えないで生きていると思う。 それは、非常に残念なんだけど、学校という場所が教師を含めてアマチュア主義で運営されているからだろうな。 プロって何?って質問し…

性格は塩基配列で決まってるから

その昔、俺が22歳だったころ、俺はサラリーマンをしていた。 サラリーマンという言葉がかっこよく聞こえるほど、俺の仕事は単なる作業員だった。 18歳から22歳まであのラブレスキューの時代、新宿でずっと過ごしていた俺が、青森の片田舎の一地方企業で、作…

たくさんのアクセスありがとうございます

最近、桜子・薫子・あずにゃん、そしてぽっきいのTwitterの影響をいただいて、このブログのアクセスがうなぎのぼりです。 また、Twitterのフォロワーさん達がたくさんリツイートしてくれてるおかげもあります。 本当にありがとうございます。内容もしっかり…

それって怪しい話だよね?

「1.01の法則」って知ってるだろうか。 ある塾で壁に貼っているこれなんだけどね。 これ見てどう思う? 普通に見たら、ああそうだね、毎日0.01分を頑張っていけば大きな力になるんだな、いい話だなって思うかもしれないよね。俺も一瞬、そうかなと思ってしま…

人生上手くいかないのはその環境のせい

「環境のせいにするな」っていう言葉、よく耳にするよ。 特に目指すという生き方をしていれば、上手くいかない理由を環境要因に求めるなっていう叱責の意味合いでよく使われる。 例えば、「俺の営業成績が伸びないのは商品が欠陥だから」とか、「上司が馬鹿…

自分が選ばれる理由があるの?

こんばんは。アキラです。 今年も早速インフルエンザになりました。2年半前に極度に重いインフルエンザになって以来、簡単にインフルにかかりやすくなった気がする。 おかげで、仕事に楽しい密会に、アポを入れていたのに全部台無し。本当にごめんなさい。 …

愛とは貢献のこと

もう随分オトナになっていたような気もするけど、今と比べたら、また未熟だった。不安ばかり抱えて毎日生きていた。自分が生きることだけで必死で、もっと気を配れることがあった。あんな言い方じゃなくて、もっと違う言葉があった。たくさんの言葉を知って…

女の自立????

人妻美咲の不倫日記とか、suburbiaあおいの日替定食 | あおいのブログ | Decologの影響で、「女の自立」っていうの意識してる女性もすごく多いと思う。 つまりさ、自分の仕事を持って、一人でも生きていける収入を持って、一軒家やマンションを買って、いい…

ブランデーを飲みながら思いを寄せるキッチン

今日はめずらしく一日中休みだった。 こういう日は滅多にないので、もう13年使ってるTUMIのナパレザーのコンピューターブリーフを磨いて黒く戻したり、ヌーディのデニムを初めて洗ってみたり、クローゼットの服を完全に冬服に替えたりしているうちに昼になっ…

元風俗関係者が語るセクハラ問題

セクハラって言葉あるよね?セクシャルハラスメント、つまり性的なことで人を困らせたり嫌がらせたりすること、だよ。 この2016年では、セクハラってその職場では厳しく注意されてると思う。セクハラを受けた場合に相談するホットラインは大手の会社なら必ず…

他人のことが気になって仕方ない人たちのこと

こういうのはもしかしたら、会社員やってる人のほうがよく分かるかもしれないね。 例えばね、仕事を一生懸命にやっていれば、関係ない奴らが自分について陰で色々言うようになるもんだ。特に営業の世界ではそうかもね。もちろん事務や製造でもそうだけど。 …

もし女子力というものがあるとしたら

俺の経験から言わせていただくと、この世の中に「女子力」という力はどこにも存在しないよ。 ただ、女性経験が少ない男性や、恋愛経験が少ない女性の中に、幻想として存在するだけのこと。または、日常のどうでもいい笑い話の中に女子力っていう単語がネタと…

成長をやめざるをえないとき

その昔、不倫をしていた。 ラブレスキューで完結させないままの話があるけど、あの不倫とはまた別に。 30代の初めに、2歳年下の人妻だった。当時の俺の仕事を手伝ってくれていた女性。30代初めの女性らしく、落ち着いていて、でも色気のある背の高い人。スト…

主語があなたではない話には一切乗りません

つい最近、俺にこんなことを言ってくる人がいた。 「アキラさん、○○社の○○がアキラさんの悪口言ってました」 「アキラさんって人から嫌われてるって言ってる人がいました」 あー、と思った。またこれかと。 ご存知の通り、俺は底辺にずっといたから分かる。…

この問題について具体的に行動していきたいと思ってます

まずはこの記事をよく読んで欲しい。 toyokeizai.net やるせないにもほどがある。怒りにもほどがある。無力感にもほどがある。 俺も同じだった。壮絶な暴力を受け、生きているのが毎日辛かった。学校ではボコられ、教師は俺を見て嘲りいじめに加担し、家では…

そういう素直さはいらない

少なくとも仕事の現場では、評価基準や価値判断の切り口がコロコロ変わる人間は無能。今日はそんなお話し。大昔、俺も会社員をしていた時代がある。毎月固定給を頂き、朝から定時まで働き、毎日残業した。上司が何人もいて、社長は天皇より偉い人だった。社…

あなたに見えるものが、あなたを作る

ほんの短い滞在は、ここで。神楽坂の裏路地に静かに佇む小さなホテル。ハイクラスではないけど、趣味の良さと控えめな感じがしたよ。ティーラウンジが、あやしげな密談にちょうどいい(笑)連日の激しい疲れからか、歩くのもしんどいT_T東京理科大学のあたり…

プレイボーイらしくね

プレイボーイっていう言葉は、1970年代風のイメージで意図的に使ってる。なんていうかこう、怪しげで間接照明とベルベットで、大人の男と女が感情の表面に引っかき傷を残すような。18歳のとき、夜の世界で可愛がってくれた先輩たちはみんな大人の男たちで、…

愛すべき生まれて育ってくサークル

1993年の6月だったような記憶があるんだけど、元フリッパーズギターの小沢健二がソロになって、CDの発売前にフリーライブをするらしいよって、働いていた店の女の子に聞いた。整理券を配るって聞いて俺と、その女の子と2人で日比谷公園に朝から行った。 前の…

毎日戦いだけど、それでも逃げ道だってある

あまり遠くに行くな。危ないから。

素直さは万能じゃないよ

毎日過ごす中で本当に痛感することなんだけどね・・・ 素直であることは美徳だけど、素直さは万能ではないよってこと。 俺は、恋愛や素の人間関係、あとは仕事への使命感っていうことだけはスーパーウルトラ素直だと思ってる。 でもその一方で、ビジネスを上…

自分が望む通りの屈辱を味わう人

俺はごくたまに、後輩の仕事を手伝うことがある。俺のイメージにはないことかもしれないけど。 相手は、同じ仕事をしていて成功を目指しているけど、現時点では全然うだつがあがってないような人。俺と同世代もいるし、俺より20歳くらい年下の人もいる。男も…

バナナサイダーサワー

八戸には、地サイダーというものがありまして、これは居酒屋で見かけるバナナサイダーサワー(笑)バナナのフレーバーがなんとも。不思議なんだけど、飲むと八戸の海岸線をウミネコが風に乗って飛ぶ様子が目に浮かぶよ。風の音と鳴き声が聴こえる。

回転寿司のクオリティ

誕生日だった昨日は珍しく日曜日に休みました。普段はあまり行かないけど、八戸では有名な市場の回転寿司に行きました。回転寿司にしてはクオリティが高いのは、港町の市場だからだね。写真はまだ食べようとする俺。

人は平等じゃないよ

人間には誰にでも平等の権利があって、平等に価値があって、みんな同じように幸せになる権利がある。 この日本で生きていたら、もしかしたらそういう前提で教育を受けて育ってきたと思う。もちろん俺もそうやって育ってきた。 でもさ、実際はそうでもないん…

セックスなのか、エッチなのか

セックスをエッチなんていうなよ|suburbiaあおいの日替定食 あおいのブログで珍しく面白いなと思ったのでリンクします。 「性行為」を「セックス」と呼ぶか、「エッチ」と呼ぶかで、人生のあり方が変わるかどうかっていう話だよね。 もちろんそうだよ。物や…

【お願いと警告】

昨今、アキラブログの文章を無断で盗用しているブログをいくつか見かけます。 アキラの文章を気に入っていただいているのは大変光栄なことですが、無断で盗用するのは執筆者として一切受け入れられるものではございません。また、ラブレスキューの文章まで盗…

SとかMとかうるさいよ

これはsuburbia系のブログでいろいろ言われることなんだけど、 若い男性が「俺はSだから」「ぼくはMです」とか言ってるのは、ちょっとやめておいたほうがいいんじゃないかと思う。 Twitterなんか見てると、殊更に「奴隷募集」とか汚いちんぽの写真を載せて「…

好きになる理由は、嫌いになる理由であって

知ってる? 恋愛でも、仕事でも、一度は夢見て夢中になるようなことは、 「好きになる理由」と「嫌いになる理由」は常にイコールであるってこと。 それが本気で夢中になればなるほどね。 シンプルで理想に燃えてるような男だから好きになるけど、別れるとき…

結果を決めるのは意外なもの

俺はガキの頃はただの落ちこぼれだった。それも深刻なやつね。 小学6年でも九九が言えず漢字がかけず、そして言葉が上手く口から出てこなかった。何かを話そうとすると言葉が出てこない。だから口の中でもごもごしてしまう。ただでさえ声が小さいのに、はっ…

純粋さが際立つのはなぜ

ラブレスキューでもよく書くけど、俺は誰かと恋愛が終わると、いつも心を痛めてしまう。 あいつはあんなに頑張っていたけど、俺はもっと出来ることがあったんじゃないかって。 俺ももうずっと昔の写真を保存してる。それは当時の彼女のアパートにいて、一緒…

あなたを信じる

俺がブログやってたCROOZやデコログっていう女性向けのブログサイト(今はもう流行らないかもしれない)で俺が他人のブログを読むことはほんとにまれなんだけど、たまに目撃すると、結構衝撃的な文章を見かけたりする。 言い方悪いけど、ほんの数行読んだだ…

多様性ってどういうこと?

新しいラブレスキューの記事を更新しました。 ぜひ読んでください。 葡萄 vol.2です blog.crooz.jp ここに出てくる蓮っていう女性のことを思い出して書いていて、あらためて思ったことがある。 それはね、人は多様性ってやつをどこまで認めることができるの…

Love Rescueの世界観

俺は、Love Rescueっていう自分のブログの文章を書くようになって、随分気持ちが楽になってきたような気がするよ。 なにか、物語のような書き方をしているのは、別に俺が作家になりたいわけじゃなくて、当時の俺はまるで物語を生きているように自分のことを…

自己重要感を育てることに失敗すると

一昨日、suburbiaの20代後半ミーティングがあった。美咲ブログにもそれについて書かれてあったけど、26歳から30歳までの子だけを集めたミーティングというか勉強会ね。俺はこの時代の過ごし方を間違えれば、一生ダメにしてしまうような気がしてる。特に女性…

目線の低さが人生をおかしくしてた

この日本では大都会に住んでいる人はごく少数派であって、圧倒的多数は地方の、それも本当のド田舎に住んでると思う。 俺が生まれ育ったのも青森の田舎町。大学進学率は今でも最下位争いをしていると思う。学校でも勉強しないことが当たり前。せいぜい宿題を…

アキラブログ、移転しました。

はじめまして、アキラ師です。 このたび、アキラのプレイボーイマンションを移転してきました。2007年のブログ開設以来、いくつかの変遷を経て、なぜかCROOZブログっていう10代の女の子向けのブログサイトでブログを書いていました。なぜCROOZだったのかは今…