元風俗関係者が語るセクハラ問題

セクハラって言葉あるよね?セクシャルハラスメント、つまり性的なことで人を困らせたり嫌がらせたりすること、だよ。

 

この2016年では、セクハラってその職場では厳しく注意されてると思う。セクハラを受けた場合に相談するホットラインは大手の会社なら必ずあるよ。まあ青森のド田舎の会社ではホットラインなんてないし、セクハラし放題の昭和のままだけどね。

 

夜の仕事、たとえば風俗とか性的なことを商売道具にしている仕事であっても、セクハラ問題って厳しいんだよな。いくら客のちんぽしゃぶる仕事していても、だよ。オーナーが風俗嬢に「最近おっぱいしぼんだんじゃないか」みたいなこと言ったら即アウトだろ。もちろん。

仕事のうえで「この客はパイズリ好きだから」って話題が出るのはOKでも、個人的な感情で性的なことを言ったらアウトなわけ。風俗嬢と個人的に飲みに誘ったり食事誘ったりもありえない。ましてや肩を叩くとかのボディタッチなんかしたら警察だよ。自分の見てるエロ動画を嬢に見せたりしたら、人生終わる(笑)

そうじゃない風俗店もあるだろうけど、今時セクハラにのんびりしていたら間違いなく潰れる。

 

風俗店でもそんな状態なのに、一般企業ではもうセクハラには過剰反応してるだろうね。もしかしたら女性より男性社員、それも40歳以上の中堅社員は神経尖らせて慎重に行動してるはずだよ。まともな人はね。

 

ある上司は契約をもらえた部下の営業パーソン(30代女性)に、喜びのあまりグータッチを求めた。原監督かって話なんだけど、よくやった!いえーいみたいな歓喜での話だよ。まあ、男性社員からみたら、部下の喜びを一緒に喜んでくれるいい上司だよな。

でもこれがまた・・・セクハラなんだよな。ボディタッチを強要し断れない空気を作ってることが。セクハラって相手が嫌だと思えばセクハラなんだよ。それが生理的な嫌悪感であれば、イコールセクハラなわけ。

もちろんそれが嫌じゃない女性もいるだろうけど、嫌な女性もいる。あの上司は生理的にOKだからいいけど、この上司は生理的にNGなんでセクハラっていう事情もある。男性には理不尽だろうけど、それがセクハラってもんだよ。

 

大手企業になれば、女性から男性へのセクハラっていうのもあるよね。「結婚しないのなんで?」とか「なんで彼女いないの?」とか「童貞?」とか、飲み会の席で発生しやすい。

 

だから会社は社員に注意喚起を頻繁にするし研修もしてる。40歳以降の男性社員は特に気をつけてる。

 

でもさ、それでもセクハラって起こるんだよ。

最近多いのは、20代の男性社員によるセクハラ。俺が風俗店で仕事をしていたときもそうだったし、会社員だったときもそう、自営の仕事になってもそうだった。

20代前半の男性社員によるセクハラは結構深刻で。優秀な女性社員を失うきっかけになりやすかったよ。

 

なぜ20代前半の社員?って思うよね。セクハラっていったら、脂ぎとぎとの中年のおじさんがおケツ触ってくるイメージじゃない。でも違うんだよ。そういうおじさんはめっちゃ気をつけてる。

 

セクハラの原因って、他人との距離感によるんだよ。20代前半は、同世代の女性社員に対して「友達感覚」を持ちやすいんだ。特に大卒の社員はサークルのノリになりやすい。毎週同期で飲み会を開いたり、入社2年目の先輩が、新卒社員と一緒に飲んだり休みの日にBBQしたりね。ありがちよね。

その距離感のなかで、セクハラって起きやすい。

「今度2人で飲みにいきたいな」とか

「今度映画行こうよ」とか。

言われる方も、距離感が近ければ社内恋愛っぽいイメージになって、恋愛の誘いとして受ける・断るの判断が出来るから問題ないよ。でも女性社員の全員がいくら同期会に参加しているからって男性社員と距離感を近く持ってるわけじゃないよ。

 

そういうとき、セクハラって言葉出てくるんだよ。

たとえば24歳の男性社員が、22歳の新卒社員に「セクハラ」って言われたらびっくりしてショック受ける。だよね。え?俺が?セクハラ?何いってんの?って、怒るかもしれない。セクハラもパワハラも、本人はそう思ってないわけで。

 

人間関係の距離感を、まだ社会人経験が少ない幼いノリをしてる子たちは見間違えやすいんだよね。

若い女性社員と距離感は天文学的な数字だと思ってるおじさん社員は、そもそも飲みにも誘わないしボディタッチどころか二人きりで個室にいることすら避けるでしょ。

 

でも中年社員でもセクハラするどうしようもないやつがいる。それもやっぱり距離感の問題なんだよね。

毎日のように田舎のスナックやらキャバクラとか通ってる中年おじさんっているだろ。そういう店で下ネタ言えば女の子がみんなで笑ってくれるような。若い子と接するのがそこだけだったりすると、距離感を見間違うことになりやすい。

会社の事務の女の子が、キャバ嬢を思わせるような茶髪とメイクと雰囲気だったりしても、そこはキャバクラじゃないわけで。店の女の子に似ていても、その子じゃないわけで。そもそもお金払って下ネタに付き合ってもらってるだけであって。

それで思わず職場で言ってしまう。自分では「ちょっとエッチな冗談」ってやつを。

 

そして大騒動になる。

 

俺だって仕事の場では性的な発言もニュアンスも皆無だよ。業務上どうしても性的なことに触れなければならないときは、筆談にしたり、メモにしたりして気をつけてる。だから俺のことを「女に縁がない地味なおやじ」って思う人のほうが多いよ。俺の過去なんて99.9%の人は知らない。まれに、このブログが見つかって、「これあなたでしょ?」ってニヤニヤしながらおばさんに言われても、全面否定してる。俺はアキラじゃないよと。

いくらおばさんがアキラファンだとしても、それは俺じゃないから。どんなに俺の時計とアキラの時計が同じだとしてもだ。

 

たとえ独身でも、既婚ならなおさら、職場では異性とは必要以上に距離を縮めないほうがいい。どんなに美人でも。どんなにおっぱいが大きくてもだ。