suburbiaからのお知らせ

最近、ぽっきいのTwitterに馬鹿が数名湧いてきたんで、改めて説明します。

 

アフィリエイトの広告が貼ってある~詐欺だ~宗教団体だ~、とかね。ここで一応説明しないとなと思って。

 

まずはじめに、状況を説明します。

The Suburbia系のブログ、Twitter、インスタグラム、タンブラーは、2007年からメンバーの入れ替えを行いながらずっと続けてる。御存知の通り、最初はなつき姫から始まり、美咲、みえぽ、と続き、アキラ、muro、あおい、ぽっきい、初代えま、音羽、花撫、最近では桜子、薫子という感じ。今はもうないブログもたくさんある。

 

suburbiaブログのテーマは、「セクシャルヒーリング」

疲れて家に帰ってきて、寝る前のほっとした時間に、ベッドの中とかソファの上、こたつに入りながらとか、習慣のようにぽちぽちして読むブログ群をイメージしてる。
今日起きた悔しい出来事や、悲しい出来事、腹が立つこと、疑問、疑念、不安。そういうものについてブログのどこかに書いてあったなと思って、過去記事を必死にさかのぼって探してみたり。あれは誰の文章だったかな・・・とか思ったりね。結局見つからなかったりして。

あるいはセックスライフについて刺激的な体験や意見が書かれてあったり。

自分が分かっているようで分かってなかったことが書かれてあって、理解が進んでスッキリしたり。

それで毎日の癒やしとエネルギーにしてくれたらと思ってみんな書いてる。


そのブログ群を運営するのは、資金がかかる。

運営費は思ってるほど安くはないよ。手伝ってくれている人たちには報酬も支払ってる。それはモデルさんもそう、全体を管理してくれてるkeiとEriもいる、機材も必要だね。それと、わずかながら執筆者には報酬も必要。でも、ほんとわずかで年間に1万円程度。

これ、やっていく必要あるの?って仲間内ではよく議論になる。

 何度か、閲覧を有料化することも議題に上がった。

読者さんたちからも、特にアキラブログほどの情報量を無料で公開するのはちょっとおかしいよって言われ続けたりした。

お褒めいただき、ありがたいご意見だけどね。

でもそれだと俺が届けたい人に文章が届かなくなるので、絶対しない。なぜなら俺は底辺からやってきた男だからだ。

かつての俺のように、その日の食い物にも困り、たった20円の金すらなく、誰からも愛されず必要とされず、社会の底辺で蛆虫のようにぐにゅぐにゅ生きてるって自分のことを感じてる人にも、俺は読んでもらいたい。

おまえは毛虫だけど、生き抜けば蝶にもなれるぜって俺は言いたい。

育ちが糞でも青森の田舎の生まれでも、努力さえできればいい思いも沢山できるんだぜってことを、繰り返し伝えたいと思ってる。

 

そこで、運営費は、ブログに掲載する広告からの収入で賄ってる。広告の内訳は、スポンサー企業との契約による掲載、アフィリエイト、ブログサイト(CROOZ、はてな、モバイルスペース、FC2ブログ)側での広告、の三種類になってる。ブログサイトの広告による収益は当然suburbiaには入らない。

内容は出会い系サイト、アダルト動画、書籍、金融系、ポイントサイトをメインとしています。

少なくともsuburbiaで掲載する広告は、詐欺などではないことを確認し安全なものだけ選んでる。確認ができないものは掲載しない。

 

正直に言うと、決して高額の報酬はない。本来であれば、それぞれ本業の仕事に集中したほうがよっぽどいい。それぞれ高額な年収がある人達だからね。それでも、わずかな広告収入でなんとかやりくりしてるけど、実際は赤字だよ。真っ赤。

赤字でも使命感としてやるべきことだと思ってるんで、当分辞めるつもりはない。

でも、赤字は恥ずかしいことだ。1日でも早く黒字化し、ブログを安定運営させるつもり。ただし、どう頑張っても、ものすごく儲かって富豪みたいになることは無理だろう。アフィリエイトっていうのは、殆どの人が年間500円も稼げてないというデータを見たことがある。さすがに500円以上は収入があるけど、高校生のアルバイトよりも遥かに少ない(笑)

 

これを「アフィリエイト儲かってますか?」とか

「なんでアフィリエイトみたいな詐欺するんですか」とか

「無料じゃないとおかしい」とか

「宗教団体のくせに儲けるために貢がせて、それを質問すれば運営費って答えるけど」とか

ステマだ」とか

どんだけ失礼なんだよ。

 

こういう人は、世の中の仕組みをよく勉強したほうがいい。無料で提供されるものには必ずスポンサーがついている。Twitterは決して無料じゃないだろ。Facebookもそう。FC2ブログなんかでよくあるスクロールに合わせて動くバナー広告とか、たしかに誤クリックしてうざいんだけど、それがなかったら無料でFC2のシステムに乗っかれないわけだ。

それをTwitterなどに広告はやめろ!とか言うひとがかなりいるらしいんだけど、それは単なるエゴであって。だったら広告貼らないから利用は有料になりますって話だよね。

市役所で住民票なんかをもらうと、それを入れる封筒あるじゃない。そこに地元企業の広告が印刷されていたりする。それにも噛み付く人がいるんだよ。公的機関に民間企業の広告はおかしいって。なんで市役所が儲けるんだ、とか。

広告を貼る=儲かってる=騙されるっていう乞食の思考回路なんだよ、それ。

広告を募ることでその封筒を無料で提供できてることを理解できない。

 

どんな神経しているのか分からないけど、他人にボランティアを強要する人たちもものすごく多い。そんなことに金払うのはおかしい、とかね。スーパーのレジ袋も無料だと思ってる人がいるんだけど、あれだってもともとスーパーはタダで仕入れてるわけじゃないんだよ。無料のわさびや醤油もそう。誰かが買ってくれた売上の利益の一部を、無料のサービスに利用してるだけ。レジ袋が無料の時代は、1万円買った人も、1000円買った人も同じ袋をもらえただろ。本来は不公平だったんだよ。本来はものすごくありがたい話だったんだ。

それをレジ袋が有料だから悪質だ、とかよく言うよ。

 

でもね、哀れだなと思う。悪口ではなく正直に思うんだけど、この人達は、親の代、祖父母の代、もしかしたら江戸時代から、誰かに搾取されてきたんだろうな。

いるだろ?「店で買わされた」っていう言い方がくせになってる人。

「タクシーで帰ったら、3000円取られた」とか(笑)

タクシーで移動もしてないのに3000円奪われたのかよ。移動っていうサービスを利用して対価を請求されただけなのに、取られたって言い方がね。

タクシーの運転手、タクシー会社のプロの仕事に対する敬意もなにもない。

運転手は人の命を預かって目的地に届けてくれたんだぜ?

 

これは、自分が、自分の価値の対価として報酬を受け取る習慣がないからなんだよ。なんとなく会社に行って、「仕事させられて」、「残業させられて」、「拘束されて」いれば、毎月給料は振り込まれるのが「当たり前」。会社の利益なんか考えたこともない、会社の経費なんて考えたこともない。

ボールペンすら会社の経費で買ってる人は、その購入費がどこから出たのか考えたほうがいい。

社長は自分の給料をもらえなくても、会社の経費や給料を支払わなければならない。小さい会社なんて、給料払うために社長が代行で働いてるのもたまに見かける。

 

社会の仕組みを考えなければ、感謝も生まれない。

 

悪いけど、底辺になればなるほどそう。俺は風俗業の出身だけど、風俗には正直底辺層がやってくる。

一定割合の男は風俗嬢に言う。「いいな、儲かってんだろ」

「いくら稼いでるんだ、言え」

「男から金巻き上げて金持ちなんだろ」

 

当たり前だろってことが分からない。女とセックスすることでも自分は搾取されてるって、遺伝子レベルで貧乏くさい発想が染み付いてるんだよ。だからそいつらは言う。「こんなに通ったんだから店の外で会ってよ」

つまり、タダでやらせてもいいだろってこと。

風俗嬢は労働の対価として代金を請求してることが理解できない。他人の提供するものの価値を理解できない。プロの仕事を尊敬も尊重もできない。

仕舞いには、風俗嬢に対して激しい怒りとなっていく。俺から金を巻き上げた!って言わんばかりに。

 

だから貧乏になる。貧乏が連鎖する。貧乏が遺伝する。

 

お金は払うものであって、払わされるものではない。無理矢理奪われているなら警察に被害届を出すべきであって。

 

ちょっと話がそれたけど、今後もアフィリエイトはsuburbiaの収益源となります。もちろん、読者の方にとってプラスとなる広告を貼っていきます。出会い系の場合は、そこで出会える可能性の高い情報として掲載します。

興味があったらぜひリンクから登録していただけると、私どもの収益となり大変ありがたいです。もちろん興味がなければ必要はありません。興味を持っていただけるような工夫はします。

 

アフィリエイトを貼ってるから詐欺だと言うなら、二度と読まなくて結構です。Twitterなどはメンバーの全員のアカウントからブロックさせていただきました。

 

今後とも、suburbia系ブログをご愛顧ください。