無神経な先輩@質問に答えます

以前からアキラがやっていた「質問に答えます」コーナーは、今後、新アキラブログに集約し拡大するつもりですが、その告知も兼ねて、いくつか質問にはてな上で答えたいと思います。

ただし、3年前から6年前に当時のCROOZブログを通して頂いた質問に答えていきます。

 

では行きます。2011年にいただいていた質問です。※個別には回答済ですが、あらためてブログとして公開します。

 

「アキラさんこんにちは。関東地方に住む20歳女です。質問させてください。

大学の先輩(22歳)の無神経な発言についてどうしても腹が立ってしまい、アキラさんの意見が聞きたくてメールしました。

この先輩は22歳で、同じサークルです。サークルと言っても半分以上遊びみたいなもので、一応ボランティアのようなことをしてます。正直くだらないので辞めようと思いながら2年過ぎましたが。

この先輩は正直言いましてクソデブスです。昭和メガネが顔に埋まってます。当然彼氏もいないしクソ処女だと思うのですが、性欲だけはあるらしく酒が入ると下ネタを言うようがクソ気持ち悪いです。

それはいいのです。許せます。でも、このクソデブスは口を開けばカチンとくる事ばかり言うのです。わたしは岩手の生まれなのですが、そのことについて“田舎の人はみんなお手手繋いで仲良しこよしなんでしょ?喧嘩しないんでしょ?津波来てもお手手繋いで逃げるから馬鹿みたいに大勢死んだんでしょ”とか言い出したり、

ある時は、わたしの彼氏の話題になったときに、友達がイケメンだとかお世辞をいってくれているのに、“ああいう軽薄そうな男はわたしだったら抱かれたくない”と言ってみたり、

またある時は、“優秀な学生はみんな教員になるから、民間企業受ける人はカスばかり。わたしの両親と親戚はみんな教員だから。”と言ってみたり。

 

なんていいますか・・・馬鹿なのか、性格が悪いのか、それともわざと挑発しているのか、理解しかねます。先日のサークルの合宿でも、偉そうに先輩風吹かせて、わたしの思いを今日おまえらにぶつけて引退するから!とかクソキモいこと言ってました。

このままこのクソデブスメガネ処女をスリーパーホールドで落としてやろうか本気で自分を抑えました。

 

教えてください。こういうクソ馬鹿無神経女はなぜこんなことを言えるんですか?社会に出るとこういう馬鹿がまたいるんですか?いるとしたらすでに大人になりたくありません。」(質問文はアキラが校正、長いので一部削除しました)

 

アキラより

 

結論から言うと、こういう輩は社会に出るともっと沢山生息しています。ただし、安心してください。あなたの生存しているムラのレベルに応じて、遭遇する確率は変動します。あなたの住むムラが暗くてジメジメしたところだと、ボーフラのように湧いてきます。もし明るくて知的レベルが高いムラに住んでいるなら、きっと遭遇はごくまれでしょう。

 

そのメガネの先輩が言うことの内容を上手に言い換えるとこうなります。

「田舎の人は、みんな優しいイメージがあるよ?お互いを心配し合ってるから逃げ遅れて犠牲になったんでしょ?」

でしょうし

「わたしはセックスしたことないから、あなたの彼氏のように洗練された雰囲気のちょっとセクシーな人だと、ちょっと気後れする」

でしょうし

「わたしは父親の期待に添えず教員になれなかった。そんな自分を責めている」

だと思うよ。

 

つまり、そう言えば伝わるのに、そう表現する器量も語彙数も想像力もないってことが問題で。世の中の無神経な人の言葉って、たいていそうだと思う。

お手手繋いで仲良しこよしだから津波に飲まれて馬鹿みたいに死ぬんだ、とか、まあそれを東北の被災地で言ったらどうなるかっていうと、きっと誰も何も言わないと思うよ。哀れに思われるだけ。そういう無神経な発言はマスコミを含めて浴びせられ続けてきたわけで、いまさらそんな一人の無力なメガネの発言にキリキリすることはないだろう。でもだからこそ、そういう人間は、言葉が発達しないんだよね。

 

言葉って、魂の発達と比例関係にあると思ってる。心じゃなくて、魂ね。

いくら、正しいこと、良いことを思っていたとしても、それを言葉にできないのは魂が未熟な状態だから。

じゃあ魂って何かって言うと、別にオカルトなことを言いたいわけじゃなくて、たぶん「積み上げてきた感情の歴史」のことだと思う。

 

あの時、彼氏にこんなことしてブチ切れられたな、あれは困ったな、

あの時、友達にこんなことしたら泣くほど喜んでくれたな、

あの時、自分はこんなことで困っていたな、

あの時、たった1000円がないばかりに信用なくしたんだよな、

あの時、たった一本のメールを返さなかったばかりに永遠の別れになったんだよな、

あの時、言わずに帰ってしまったらもう二度と言う機会がなくなったんだよな、

そんな思い出すと心に爪を立てられるような感情の記憶をどれだけ積み上げてきたか。

 

その積み上げがある人は、必ず「言葉」を大切にしてる。

その歴史を参照したり、表現したりするのは言葉以外にないことに気づくからだ。言わなくても分かるだろうなんて、ゆとり世代の誇大妄想に過ぎないと必ず気づく。

あなたのその悲しさを癒やしたい、理解したい、共感したいと本気で思った時、人は言葉しか手段がないと知るから。それ以外は一切伝わらないから。

言葉しか伝わらないと理解すると、自分の口から離れる言葉を選ぶセンスが少しずつ上がってくる。

 

難しいこと言うようだけど、つまり、そのメガネの先輩は、自分の心の奥に降りていく作業を22歳にもなってやったことがないっていうのが原因だろうね。

そしてそういう人は、45歳になってもやらないし、60歳になってもやらない。だから無神経なことを言って、不本意に嫌われる年寄りになるわけ。

一般的に、内面に降りていく作業をしない人は、社会的にもポジションが低めになってる。職業がっていうんじゃなくて、信用の問題で。

 

あなたがやるべきことは、そういう人物となるべく関わらないこと、関わる危険のあるムラに立ち入らないこと。そしてあなたがそういう人間にならないように、今あなたが感じたことをノートに書き留めておくこと、だと思う。

ノートに感情の歴史をつけていくことが、あなたの言葉を豊かにすると思うから。