読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒も美味しく感じるとき

最近suburbia周辺が慌ただしい様子ですが、また大きく変えたいと思います。

 

昨年の後半から、Twitterに主要なキャラクターのアカウントを作ったのはご存知の通りです。美咲、ぽっきい、あおいがアカウントを作り、もともとあるアキラのアカウントを含め4名となりましたが・・・これを廃止します。

 

理由を結論から言うと、表現の場として不適切であるということが一番大きな理由です。

俺が初めてTwitterに登録したのは2010年頃だったような。それからアカウントを作り直して2011年から現在のようになりました。

Twitterはブログの更新通知くらいにしか使っていませんでしたが、東北の震災の時に情報の拡散ですごく役に立ったなあというのを覚えています。

あれから6年が過ぎて、Twitterでツイートをするようになって思ったのが、恐ろしいまでの底辺化です。業者が幅をきかせ、それを真に受ける知的に底辺層の男たち。あるいはTwitter上でちやほやされて喜ぶメンヘラおばさんや、最近エロを覚えたおばさんたちのはっちゃけたツイート。おばさんのぬっちょりしたエロを語られても困るわけで。無修正のちんこをアイコンにするオヤジや、意味もなく腹筋を見せるモテない男。何かの真似のような劣化したツイートでTLが埋め尽くされてるかと思えば、昔からのフォロワーさんは一年以上も何も発信していなかったり。

申し訳ないけどね、何かに似てるなあって思ったんだ。

そう、2006年頃、俺と仕事をしていたスタッフが重い精神病を患い、精神科病棟に入院したことがあるんだ。俺は何度もお見舞いに行った。本来家族しか入れない隔離病棟だったんだが、本人は家族がいない女だったので、俺が家族代わりに通ったんだ。あの時、精神科病棟は全く暗いイメージはなく、予想以上に明るいんだなと思った。でも、そこに30分もいるうちによく分かってきた。全ての人間の世界観が歪んだりズレたりして、そのままどんちゃん騒ぎしてるような負のワンダーランドだったんだ。

患者の中には、偉そうに説教垂れるオヤジがいれば、看護師の男にお色気を見せようと必死なメンヘラ女、大声で必要以上に笑う中年女、知らない人には目を合わせない若い男、理由は知らないが興奮状態で怒鳴り散らす30代風の男、いろいろいた。

そのまんまの光景があるなあ・・・と悪いけど思ったよ。

アキラのフォロワーさん達は一生懸命盛り上げようとしてくれていたので、本当に感謝します。でもそれ以上に、愉快なワンダーランド状態になっていたので、これはもう辞めようと。

全てのアカウントはツイートを消しているだけで、今後はブログの更新通知だけがTLに流れます。ぜひフォローはしたままでお願いできればと思います。

 

suburbiaはアングラカルチャーの一つです。友達の紹介できない後ろめたいブログ群で、たいていの読者は夜寝る前にベッドの中で読むもんなんです。最近はちょっとカジュアルになってきましたが、それでも万人受けはしませんし、ヘタに手を出すと人生間違った方に転びます。実際、suburbiaの世界観のまま人生を歪ませている方をお見受けしたりして…責任は一切取りませんが、毒にもなってるなあと思います。

 

suburbiaのメンツは誰ひとりとして人間的に優れていません。ゲスというかカスというか、尊敬には値しない人間ばかりいます。ただし、ロマンチシズムというか、世界観は完成されているので、ちょっとの毒ならきっと美味しく感じるかもしれません。Twitterでフォロワーさんが言っていましたが、本来は苦いはずのコーヒーや、渋いはずのワインを美味しく感じるように。どちらも飲みすぎると死にます。健康に絶対なりません。

 

今後の展開はかなり迷走中ですが、suburbiaのブログ群を今後共よろしくお願いします。夜寝る前に人知れず読んで下さい。一人の世界で読んで頂けたら、きっと毒も美味しく感じます。