読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジックナンバー

【最初に告知】

読者の方からよく「プレイボーイマンション」は、はてなとCROOZで雰囲気が違うと言われます。また、マンション系とラブレスキューでは同じ価値観の人間が書いているとは思えない、またはラブレスキューは女性が書いてるような気もしてくる、と言われることもあります。

特に最近の読者さんはそうかもしれませんね。

紛れもなく、「アキラ」が書いてますからご安心を。でも、特にここのはてなブログは、ここだけみたらなんか妙な自己啓発系みたく見られがちなんですけど、アキラブログはブログ群、インスタ、タンブラーを総合的に見ていただくと少し楽しめるかもしれません。エロ、ビジネス、恋愛、記憶、感情、マネー。そういう色んなテーマを混在させて、「夜眠る前にベッドの中で覗き見する世界」と目指してます。

その結果、俺でも、わたしでも、もうちょっと頑張ってみっかとか、それでもいい思いはできるんだよなって思ってもらえたら嬉しい。たとえ貧乏な育ちでも、親がどうしようもなくても、学歴がなくても、不細工でもチビでも、非正規労働者でも、虐められていても、孤独に生きていても、社会から無視されていても、それでもやり方次第では人生美味しい思いできるんだぜってのがアキラの変わらないテーマ。

まあ、口は悪いです。甘っちょろいことは言いません、言えません。努力しないやつは置いてきます。怖がるあまりに理屈こねくり回すへなちょこ男はぶん殴ります。それでも俺についてきたら美味しい思いさせてやるよって気持ちで書いてます。

 

【では今日の話題】

 

今日の話題に入ります。

「自分の目標が達成できないと悩んでませんか?」という話。

 

それがダイエット(というか体重を減らすこと)だったり、仕事の売上だったり、年収だったり、あとは彼女や彼氏を作るとか、セフレ欲しいとか、旅行に行きたいとか、貯金をしたいとか、受験や就活もあるよね。

そんな目標が一つも実現しないのは、なんで?

 

答えは簡単なことで、それは「見たくない数字から逃げるから」、だよね。分かってるはずなんだけど。

俺もダイエットして14キロ減らしたんだけど、その時痛感したのは、ダイエットで大切なのはカロリー計算じゃなくてただ単純に「体重を1日に3回測ること」だけだった。レコーディングもアプリも必要なくて、体重計を置いてある自宅の脱衣所に置かれたカレンダーに、1日3回の体重をペンで書くだけ。体重減に直接関係してるのはたぶんそれだった。たぶんというか絶対。

ダイエットがうまくいかないときって、俺も体重測ってなかった(笑)なぜなら体重という数字を見るのが怖いから。だからなんとなくでしか自分を判断できない。だから、カロリー計算とかくだらないことに金と時間をかけて結果は出ないわけね。体重測れば金はかからないし、3ヶ月もしないで14キロ痩せるのは簡単にできた。しかも苦しまずに。

 

仕事の売上もそうだよね。見たくない数字ってあるんだよ。あー、売上減ってるなあ、きっとこんな状態になってるんだろうけどそれは見たくないな、なんとかしなきゃなあ・・・だけで終わってると、最後には仕事潰すかうつ病になる。

 

ハワイに遊びに行きたいなあと思ってるけど、旅行会社に見積もりをもらいにいくこともしないし、予算が分からないから具体的に貯金する計画も立てない。とすると、いつになったらホノルルに到着するのかって、一生、その自宅の部屋にいるだけだよな。

 

何の努力でも、そこにマジックナンバーってあるんだよね。マジックナンバーっていうのは、ある目標を達成するために必要な努力の量を数字で表したものだよ。20歳の時に、夜の世界で自分の客をつかむために必要だったのは、「1日15人に電話する」ということだった。その15と言う数字がマジックナンバーで、15人以上なら絶対成功するけど14人なら成功する確率は半分以下になり、10を切れば成功する確率は1割もなくなるという不思議な数字だった。

営業マンも同じことを言う。週に15人と着座の商談アポを入れ続けると絶対成功するけど、14人なら業界から去る確率が高くなる。

体重を測る回数が1日3回なら成功するけど、2回ならしない。1回なら5キロ落ちてすぐリバウンドする、0回なら1キロ落とすのが精一杯。

バレエのレッスンでも、1日何時間練習すると成功するけど、それ以下ならしないっていう数字があると思う。

 

なんかね、結果の数字ってコントロールできないんだよね。でも努力の量は完全コントロールできる。マジックナンバーって、だから努力の量のことを表す数字なんだよ。その業界で会社が違っても店が違っても、なぜかマジックナンバーは同じだ。

しかも、そのマジックナンバーはほんと直視しなくないもんだよ。結果を直視するのも嫌だけど、努力の量の少なさを数字で直視するのはもっと恐ろしいよ。

 

でもさ、結果なんか分からないわけだよ。自分がコントロールするのは、一定の努力の量を「数字で」毎日追うこと。それだけで成功するから。

 

ほら、歯磨きを習慣化することにみんな成功したわけでしょ。あれってなぜかって、幼稚園や保育園、小学校で「歯磨きシール」で管理したからだよね。なんとなくじゃ、歯磨きが習慣化できない大人が沢山いるはずだよ。でも日本人にはほとんどいないでしょ。

努力の量を数字で毎日追うことだと思うよ。ほんと。