読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひさしぶりにコミュニケーション講座~大切な人だと思われたいとき

久しぶりにやります、コミュニケーション講座。

 

今日の話題は、「相手に重要な人だと思われたいとき」です。

 

日頃生活していて、人から自分が軽んじられているんじゃないかなって思うことないですか?

または、初対面の女性と会うとき、なんだかちょっと小馬鹿にされてるんじゃないかなって思うことは?

はたまた、初対面で出会った人が、全然話をしてくれなくて自分がブスだからじゃないかなって思うことは?

付き合っている彼氏や彼女が、大切な話を全然してくれないと感じることは?

 

俺はこれ結構あった。10代の終わり頃にはよくこんな思いをすることがあったよ。

 

これ、実はあなたの外見の問題でもなければ、人間性の問題でもないし、あなたの過去の問題でもない。もちろん学歴でも年収でも仕事でもない。話し方が気持ち悪いとか体臭がするとかでもない。

 

じゃあなにかって。

それは、自分が自分で、大切に思われなくてもいいというシグナルを送っているから。

自分で、自分と話をしなくてもいいというシグナルを送っているからだよ。

 

コミュニケーション能力で結構大切なキーワードがあってね、それは

「人は、自分が認めた能力までしか自分の感情を開示しない」という絶対ルール。

 

自分が判断した相手の能力以下しか、自分の情報も感情も開示しないんだよね。

 

その自分が認める能力の範囲って、初対面の2分くらいで判断されるんじゃないかなって思う。

専門的に言うとね、それは「能力開示」が成功したかどうかなんだよね。

自分がどんな能力があって、どんな能力を世の中から必要とされているかっていう情報をどのくらい開示するかで、その後のコミュニケーションが全部決まる。

 

もちろん仕事じゃないからさ、自分の能力はこうですこれができますなんて言わないよね。

その代わり、能力開示と同じくらい意味を持つのが、「気配りと笑顔と興味を持つこと」。しかもたった2分で。

 

自分で言うのもなんですが(笑)俺はここの能力だけとんがってます。

 

だから、中身が大したことないアキラという男に、世の中の美女はこれ以上ないくらい自分のことも感情も全部さらけ出して接してくれる。言っとくけど本当に大したことないからな?アキラっていう男は。

ただ、俺は、出会う人には「あなたという人間に俺は何ができるか今興味津々でコミュニケーション中」って顔してるから。

 

その範囲というか、エネルギーの範囲で女性が感情をぶつけてくれるんだと思ってる。

 

でも残念ながら、最初の能力開示を間違えたとき、2分の時間を無駄に費やした時、セックスはしても何も会話がないなんてこともあったよ。

 

これ、ぜひ意識してみてください。