読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒマヒマ言う男と関わると運気が下がる

またやりますコミュニケーション講座。

一体誰の役に立ってるのか分かりませんが、とにかくやります。ご自身の何かに置き換えて、役に立たせてください。ではいきます。

 

本日のお品書きは

「気になるあの人からのお誘い、ほいほい乗っていいの?」です。

 

例えばだよ、前から気になっていた可愛い女性がいて、なんと幸運にもこんなこと言われたとする。「○○くん、今度の日曜日か来週の土曜日、空いてる?ご飯でもどうかなって思って」

 

こんな幸運なことは俺には絶対ないけどね(笑)もしこんなこと言われたとして、男性であるあなたは何て言う?女性だったら自分に置き換えて考えてみてください。

 

もし18歳だった俺なら、「もちろん、いつでもいいよ、今日でもいいよ、今週も来週も全部いいよ!」って言う(笑)だってさ、こんなチャンス二度とないって思うだろ。だから予定が合わないから、じゃあまた今度ねって言われてそれっきりになるのが怖い。

こういうの、営業マンなら仕事でもよくあるよね。予定が合わなくてアポがキャンセルになるんじゃないかっていう恐怖。

 

でもねえ。。。実はこれって本当にダメなんだよ。もちろんその時はいいよ。いつでもいいよ!って言って、その通り予定入るだろうし。でも、二回目、三回目と会っていくにつれて、自分の価値はどんどん逓減していくんだよな。つまり、だんだんどうでもいい存在になっていく。

 

似たようなことは身近に沢山ある。つい先週、俺は深夜に仕事のアポがあって、車で二時間半運転する機会があったんだ。自宅の近くにはコンビニが2つある。同じ通り沿いにあってさ、手前の一つは・・・店名は言わないけど全国的にどこ言っても三流コンビニの代名詞みたいなところ。店は空いてる。駐車場もガラガラ。

その先のもう一つの店は、全国的にシェアがトップの某コンビニ。夜になっても独身の人や中高年のおじさんで混んでる。

まあ、俺はコンビニあまり行かないけどさ、毎日飲んでる野菜ジュースと移動中に夕食代わりの食べ物が欲しかったんだ。午後7時くらいかな。

 

これから道中長いし、ストレスなく買い物したいなと思って、つい手前の暇そうなコンビニに入ったんだ。駐車場はガラガラで停めやすい。

でもさ、店に入ってみて激しく後悔した。いつもの野菜ジュースは売り切れ、そしておにぎりは2個しかない。弁当などは不味そうなのが3つだけ。19時の話だぜ?

これ、あっちのコンビニ行くしかないかと思いながらも時間がないので、パンの棚を見たけど、食パンしかない(笑)

仕方ないので水買った。レジのおばちゃんは白髪で表情もなく暗い。奥の事務所からオーナーらしき坊主頭の中年男が出てきて、店の外に行く。でっぷりと太って、顔に生気が全くない。いらっしゃいませも何も言わない。

 

あー失敗したと思いながら車に乗り込むと、そのオーナーのおっさんは店の前でだらーっとタバコを吸ってる。

ダメ人間の経営するダメ商店って言葉が浮かぶほど悲惨な光景だったな。俺が出ていく時に車で入ってきたのは、田舎のヤンキー車に乗る冴えない中年オヤジだった。

 

結局、その先のコンビニに入った。駐車スペースを探して、やっと中に入ると野菜ジュースも美味しそうなおにぎりも弁当もパンも沢山ある。時間はないけど、4人くらい並んでやっと会計して外に出た。時間のロスは結構あったんだが、目当てのものが買えたし見たことがない新商品も買ってみたので、満足感があった。

 

その時も思ったけど、時間と手間と煩わしさを代償にしてでも、売れてる店で買うべきだなと。あのダメコンビニは二度と行かないと思う。

 

これ、何を言いたいかというと、ヒマということにしか価値がない人は、いずれ捨てられるということだよね。

 

例えば売れっ子の営業マンがいて、その人から物を買いたいとする。そしたら「水曜日の5時と、金曜日の10時しか空いてません。ちなみに土曜日は2ヶ月先まで予定で終日埋まっているのでできれば平日の日中にしてください」と言われるとする。

もう一人、売れてない営業マンがいて、「いつでも合わせますよ!土日いいですか?土日も仕事してます!」と言われたとする。

どっちからモノを買う?俺なら絶対に前者だよ。仕事を休んででも平日に予定を作って会う。

逆にさ、後者を選ぶ人もいると思う。でもその結果は知れてるし、後者を選ぶ自分という価値も低い。利便性を追い求めて暇な営業マンをつかまえてみたり、ネットで比較してモノを買おうとしたり、結果いい買い物はできないだろうね。

 

だから、たとえ好みの女の子に食事に誘われても、「いつでもいよ」なんて死んでも言っちゃだめなんだよね。いくら予定表がガラガラだったとしてもだよ。

俺の知り合いの営業マンは、ダミーの手帳を持っていた。予定で埋まっていく予定表を客に見せることで自分の価値があがると言う。満足の行く買い物をしてもらう努力だよな。実際もかなり埋まってるんだけど、それ以上に真っ黒の手帳を作ってるんだよ。

 

同じことで、食事に誘われても「誘ってくれてありがとう。もちろん行きたいよ。予定は確認してから後で決めていいかな?」っていう答えがベストだと思う。

「忙しいところごめんね」って言われて初めて成功だよね。

なんかそれいやらしい小細工じゃない?って思うかもしれない。でも、相手にとっても、変なやつ誘っちゃったと後悔させないためでもあるよ。

 

もし、それで「忙しいなら今回はいいです」って言われるのなら、かえって好都合でしょ。その程度のお誘いは暇つぶしでしかないんで。

 

そうやって繰り返していくことで、本当に人として高いレベルの人と出会っていくんだよ。

 

今日は、ヒマヒマ言うやつとは関わるな、ヒマヒマ言う人間になるな、そういうお話でした。