好きなことを仕事にするとどうなる

Twitterで少し書いたんだけど、ちゃんとブログで書いたほうがいいと思うので、ちょっとやってみます。

 

なにかっていうと、「好きなことを仕事にする」ということについて。

 

例えば、車が好き。車を運転するのもいじるのも見るのも全部好き。寝ても覚めても車のことばかり考えてる。車輪が4つついていたら、たとえ軽トラでも興味がある。そんな人に向いている仕事は、営業マンとか整備士とかじゃないのて思いがちだよね。

好きなことを職業にしたらどれだけ幸せだろうって思うじゃない。普通。

 

でもどうだろうね。たとえば自動車の営業マンって、別に車が好きじゃない人もたくさんいるよ。車の性能とか歴史とかマニアックな知識が豊富であっても、もっと言えば車への愛情が深かったとしても、営業マンに求められる能力はそこじゃないわけだよね。

もちろんそれが無関係なわけじゃないけど、自動車営業マンに必要なのは、見込み客を見つけてきて商談テーブルに連れてくる能力とか、競合メーカーとコンペになったときの駆け引きだとか、故障やミスへのクレームに対応する力とか、自分の成績を確保するためのほぼ違法なスキームを持っているとか、そういうところだよね。あとは、そうだな、無能な上司との折衝とか、もっと言えばウソをつく能力、身勝手になれる能力。

 

自動車整備士にしても同じようなことじゃないのかな。愛情を持って車を直すというのが本来の仕事のはずだけど、ルール無視でどんどんめちゃくちゃになっていく入庫の順番とか、無能な営業マンのせいで納期が理不尽になっているとか、営業のミスを整備士のせいにされるとか、残業をしないとこなせない仕事を入れられてるのに就業時間内でこなせないことを責められたり、誰かのウソの片棒を担がされたり。

ただ車の仕事をしているだけで、やってることはどの仕事でも同じ。

そこには「好き」とか全く関係なくなってしまうよね。

最悪、あんなに好きだった車が嫌いになってしまう。車輪が4つついた乗り物を見るたびにげんなりするようになる。

 

何を言いたいかっていうとね、

好きなことを仕事にできたら、たしかに幸せなことだと思う。でも、好きなことを仕事にして収入も精神的な満足度も何もかもうまくいけばの話だよ。

もし、その好きなことが、自分にとって「得意なこと」ではないとしたら悲惨なことになる。

車が好きだけど、営業マンとしての能力に大きく適性が欠けていたら?車が好きなのに、他人に共感する能力が足りなければ営業マンとしてどうなる?朝のミーティングでは激詰めされ、行き場所もなく街中を放浪し、わずかな商談も断られ。収入は低いままで、社内では馬鹿にされ。

 

逆に、車は好きじゃないけど、その仕事が得意だったとしたら?このほうがよっぽど多いんだけど、仕事は順調になるよね。収入も高い。社内でも一目置かれる。別に車なんかなんでもいいんだけど、仕事はまあ楽しいよって感じるだろう。

 

好きと得意が両立することってほとんどないよね。

 

好きだけどいまいち得意でないことをやり遂げるために努力するとしたら?・・・これ、俺も経験あるんだよ。やめたほうがいい。下積みが長すぎるから。いや、やってることは好きなことだし、変な話だけど成功してないカスだからこそストレスもないって状況あるよね。だからダラダラやってしまう。世の中のカスみたいな夢追い人はほとんどこれだ。

ギタリストになりたくてバイトばかりしているうちに35歳になったけど、今は別に食うの困ってないしってことで45歳になってもまだやってるだろう。45歳で成功してもギタリストとしての収入は生涯でぱっとしないだろうね。

 

例えば俺は、正直言うとエロの仕事は好きじゃない。気持ち悪いんだよね。晴れた昼下がりに、子供が公園できゃーって遊んでるのを横目に、フェラチオとか顔射とか言ってるとか。体調が悪いのに、おまんことか。

セックスって好きな女としっぽりエロくやってんのが好きなだけで、四六時中、エロくはいられない。正直に言うとね。

 

でもさ、そのエロが得意なことかって言うと、ほんと、得意なのよ。エロのビジネスで一回の失敗も挫折もない。最初からうまくいった。仕事を始めた初日からだよ。ずるいことをする必要がないくらい、王道で成功した。風俗店の仕事では、ウソも誤魔化しもなかったし、警察の注意を受けることも、同業者と揉めることもなかった。

本業の昼職ではウソだらけだったのにまともな収入も得られず、エロに関しては正々堂々と金を稼ぎまくった。

それでもエロが好きになることはなかったよ。得意なだけ。

 

俺の今の本業はエロじゃないが、これは成功するまで7年かかった。今も苦労してる。きっと得意じゃないんだろうと思う。好きだどうかと言われたら、好きじゃない(笑)

ただ、「義」の部分で俺がやるべきだと思ってるので、それだけで努力してるし、そのことで結構幸せに生活してる。

 

「好き」と「得意」と「義」。

その中で、おれらのような凡人が大切にしたほうがいいのは「得意」の部分だろうな。

好きなだけでも仕事はうまくいかないし、義だけでも苦労する。仕事なんて初日からうまくいったほうが良いに決まってる。

 

好きなことをしてお金を稼げたら幸せなんだけどさ。でも人生でそう苦労するもんじゃない。得意なことを仕事にしたほうがいい。

 

好きなことが得意で、それで社会に貢献してるような一部のスーパーエリートみたいなやつと自分を比較しないほうがいい。

普通は、逆境を楽しむなんてできないよ。大舞台を楽しむなんて無理でしょ。エリートなオリンピック選手のインタビューと自分は違うんだよ。

 

クソむかつくけど、俺はこの仕事が得意だから、しかたねえこれやって家族養うよ。そんなのが現実的な進路だと思うけどな。