そのお話の美しさとは全く違う次元には大人の事情がありまして

異論があるというよりは、事実を知らないだけの人もいるだろうけど。

たとえばオリンピックに関してはIOC国際オリンピック委員会)が利権団体であることを否定する人はあまり多くないと思う。一部に不正行為があったと報道されたように、オリンピックの運営が少なくとも小学校の運動会の運営とは全く違う世界だというのは多くの人が知ってるよね。

まあ、大人の事情が渦巻くおじさんたちの世界だよ。

詳しく知ったらオリンピック憲章がかなり白けて見える。

でもそれとは別に、競技者の方々の努力と才能と献身は一流のものがあって。観戦してとても興奮する。尊敬もされてる。記録にも記憶にも残る。競技者が全員クリーンではないこともみんな知ってるけど、それでも、競技者はすごい人に違いはないよね。

 

同じ構図は歴史観ってやつにもあるみたいで。

たとえば14歳にとっては戦争って、国と国がお互いの主張をぶつけ合い暴力で排除する行為っていう定義だと思う。(44歳でもそう思ってる人もいる)

でも実際にはそんな正義とか主張なんかで巨額の歳出をするわけにいかないでしょ。夜の街で粋がるチンピラでもそんな小競り合いしても無意味だって知ってるよ。

あたりまえだけど戦争って実際はビジネスだよね。利権の奪い合いの歴史なわけだよ。政治的な駆け引きにはかならず誰かが利益をあげるっていう構図があって。日露戦争では、バンカーだったジェイコブ・シフが外貨建て国債を引き受けて資金調達できたわけだけど、この返済に日本が1986年までかかったのは有名な話。しかも日本は賠償金を得られず、結局儲かったのはバンカーだけ。いろいろ美化されてる坂本龍馬フィクサーは武器商人だったトーマスブレーク・グラバーで、グラバーはアヘン戦争のきっかけを作った香港の大商社ジャーディン・マセソンのエージェント。マネーの利権から流れを辿ってみると、すっきり理解できて頭に入るから不思議だよね。

俺、高校時代に世界史が死ぬほど苦手だったんだけど、それはきっと教科書に書いてある近代史の流れが不可解過ぎたから。戦争する意味がちんぷんかんぷんで飲み込めなかった。んなもんで国家予算使うんか?って。

それと、そんなもんで、特攻みたいなものを美化する人間が本当にいるのが信じられなかった。

でも、金の側面から辿ってみれば、本質は正義や思想とは関係がないことが分かる。

ただ、惨めなのは、美しい歴史観を飲み込まされて正義のために努力し、そして人知れずのたれ死んでいく、俺みたいな底辺の人間ばかり。

 

残念な事実なんだけど、正しく生きることと、大きく稼ぐこととは、まるっきり違う立場での努力なんだよね。

オリンピックの金メダリストは、黙っていたら大富豪になることは絶対ない。努力した英雄ではあるけれど、それなりのいい暮らし程度ができるくらいだろう。尊敬も名声も手に入れるけど、巨万の富を手に入れる立場になるにはちょっと生き方を斜め横に変えなきゃならない。

正しい会社員であることは、正しい人間であるかもしれないけど、権力や富とは無関係になる。せいぜい多少年収が高い会社員になれるのが限界。部長くらいになれたらいいねってところだろうな。

もちろん、そんな大富豪になる必要もなくて、きちんと家族養えればいいわけだけどさ。世の中にはそれじゃ満足出来ない人も結構いて。

 

桜子じゃないけど麻布十番とかのカフェで通りを眺めていると、頻繁にポルシェやマセラティを見る。どうすればそんなに金持ちなれるんだろうって昔不思議に思ってた。俺も自営業だけど、俺の力では年収3000万円程度が限界。しかも1000万円に落ちたりすることもザラ。きっとそれは、俺の生き方の限界値なんだと思ったよ。

 

年収1億円とか10億円になるとしたら、きっと本質を理解しないと無理なんだろうね。

俺やあなたの職業の本当の本当の本質。お客様に喜んで頂くとか、ありがとうが欲しいとかそういうメルヘン話のことじゃなく。もっとリアルでハードな本質の話をね。

例えば金融機関の話をすると、銀行の本質は、「集めた金を貸出し、残高を減らさず長期でズブズブにしてやること」だよね。証券会社だったら「運用資産を何度も預けかえさせて、手数料でズブズブにさせること」、保険会社だったら「長期運用する高額の終身保険を販売し、40年以上死んだ時以外には返さなくていい運用資金を調達すること」、だよね。

ここに、お客様の幸せのためにとか、資産づくりを応援して安心の老後をとか、そんなのは別にどうでもいいことだったりする。

もちろんその本質とは別に、お客さん思いのバンカーも、証券マンも、保険セールスマンもいるわけで。でも、それは出世もしないだろうし、給料も稼げないでしょ。歩合の証券マンだったらそのうちクビになるだけ。

本質から離れた独りよがりな正義を振りかざすのも結構だけど、そのサイズの成功しかない。俺は独りよがりな正義を振りかざすタイプではあるんだけど、ことごとく、本質からズレていく自分を発見して凹む。そういう時は必ず年収が下がってる。

 

そこそこの年収で自分の義を追求して人生を生きるのか、

冷酷な本質に寄り添ってパワーゲームの中で成り上がろうとするのか、

汚い大人な話をするけど、両立はないよ。絶対。両立したら幸せ過ぎるけど、よほどの精神倒錯起こしてる。

 

前者でも年収3000万円まではいけるから、それでもいいとはいえ。それ以上のことになったら、もう少し現実見て生き方変える必要はあるわけだよね。