仕事もエロも、伝え方が悪いと敵すら作る

いいことを考えて、使命感のあることをしているのに、もったいないなーって思った出来事があったので書こうと思う。

 

今日のテーマは、「仕事もエロも、伝え方が悪いと敵すら作る」という話。

俺の個人的な体験について語るので、ご自身の何かに置き換えて考えてみてください。きっと何か気づきがあります。

 

つい最近、NPO法人の代表者だという若い女性の講演を聞く機会があった。講演というほどでもないのかな。ある場所のミーティングにゲストとして呼ばれていたらしく、10分程度の講話だった。俺もその場所にいた。俺はその人の話があるとは事前に知らなかったわけ。

 

そのNPOの活動について書かれた資料が突然配られた。なにやら、難病の子どもたちのために募金を募り、研究機関の研究費を支援するというものらしかった。

へ~と俺はとりあえず関心を示したところで、代表者が現れた。見た目は私服。ぱっと見が、なんていうか、まあ小綺麗にしてるけれど、どうにも拭えない田舎の元ヤンキー感。うーん・・・と俺の興味レベルが10%下がったのが分かった。

そして挨拶をした。

「あ、あ、みなさん、おはようございま“す”う、おつかれさまで”す”う」

分かるだろうか。おはようございますの、語尾の「す」は本来引く発音のはずだ。だから正しくは「す」は小さく聞こえる。それが、この人の発音は、「す」をさらに大きく発音する。つまり、これって、バイト敬語ならぬ、バイト発音だよ。あまり教育が行き届いていない人材が集まる場所で無理矢理敬語を使おうとしたり、丁寧に発音しようとして知的には見えなくなる現象ね。

ちなみに朝からお疲れ様ってお前何様だよってそこも気になる。

 

それで肝心の話の内容なんだが、ものすごく話すのが下手で俺の中で再構成する必要があったんだよな。つまり、この女性の子供が難病で、実は同じ病気の人が世界でもごく少数で、研究自体が進んでいないので病院では誤診されてしまうケースも多い、長生きできない現状を打破したくて、自分の子供のことだけではなく世界中の子供達のために募金を募り研究機関に寄付をし治療法を確立してもらいたい、ということらしい。

 

なるほど、すばらしい。使命感に溢れている。・・・と思ったのは、俺の中で話を再構成したからであって。

残念なことにね、この女性の話し方では絶対に誰の心も動かさないだろうなと残念な気持ちになった。

まず、見た目。田舎のヤンキー主婦みたいに長い髪を垂らして現れている。風俗嬢じゃるまいし、大人の女性はロングヘアはオフィシャルな場ではまとめて来るのが常識だろ?そしてジャケットを着てない。大人が人前に立つときには、男女ともに絶対にジャケットは必須でしょ。別にユニクロのジャケットでもいいんだ。女性だから色は白とかブルーとか華やかでもいいはず。

でも、チャンピオンのスウェットにスキニーのデニムなわけ。いやそれなりに美人だよ。でも、オフィシャルな場では俺は受付けなかった。

 

次に声。田舎の女性で、特に地元に住み続けている人の特徴なんだが、24時間オールウェイズ地声なんだよ。地声。人前で話すときも地声。声色を変えるっていう礼儀とか、プレゼンスキルがあるってことを学ばなかったんだろう。

いつも似たような地元の友達とつるんでいるから、だろうな。特に青森の田舎の言葉はトーンが低い発音が多いので、暗いというより、「他人をナメくさってる」ような印象に聞こえてしまうんだ。

 

そして話をするための準備がないこと。人前で話をすることが慣れていないのは分かる。でも、だとしたら準備と練習をしろと言いたいよ。

ここでの話のゴールが何か全く伝わってなかった。たぶん募金の協力とか、人脈として協力者を募りたいっていうことだろうけど、それは俺が自分で解釈してるだけ。言葉として表現されていないんだよ。

しかも話の出だしにこう言う始末。「わ、わたす、子供のこと考えてー、泣きながら話すかもすれませんー」(訛ってる)

自分の使命のために相手に伝えようとする執念もなく、最初から自分の都合で話が曇ることをエクスキューズしていた。

 

話の内容もロジックが整理されていないまま、ただ情報を羅列して話しただけ。

俺はさ、こう思ったんだよね。

「自分の子供が大変なご病気なんでしょ?さぞかし心配されたんでしょう?それでこの崇高な使命をやり遂げようと思ったんでしょ?でもさ、それって本気なわけ?本気だとしたら残念すぎる。俺にさえ伝わらないってことは、他の人達にはもっと伝わってないよ」ってね。

案の定、周りは眠そうにしていた。俺も資料を閉じてしまい、まとめて捨てる準備をしてしまった。

本当に残念だなと思う。伝える力がない、伝える努力の価値を知らない、そのことを教えてくれる人が周りにいない、その結果、この取り組みは内輪受けのサークルごっこで終わる。せいぜい24時間テレビで取り上げられたら地元で有名人ごっこできるだけだろう。本当に変えたい現状は何も変わらない。少なくとも自分の力では変えられない。

 

俺がアドバイスできるとしたらこうだ。

せっかく話の「パーツ」はすべて揃って完璧な状態なんだから、話す順番と話し方を練習すれば絶対に世界が変わる。

 

まず必要なのは、見た目。簡単なことで、ジャケットをベースにしてコーディネートを組み立てればいい。全身ユニクロでもできる。女性の場合、多少の華やかさが絶対必要。明るい色を差すような配色を心がけて、ジャストフィットの服を着ればいい。

 

次に声は、「ソ」の音で話す練習をする。東北の田舎者はみんな「ミ」だよ。地声がミなんだ。あのね、恥ずかしいとか言ってる場合じゃないんだよ。

 

次にロジックの部分。誰でも出来る「伝わるロジック」はこうだよ。

①自分の物語。

たとえばだけど、「わたしは田舎で生まれて、中学からちょっとグレて遊び呆けていて親に沢山迷惑をかけました。高校を卒業するとき2歳上の遊び仲間の男と知り合って、すぐに妊娠。周りに反対されたけど結婚して出産することにしました。そして生まれたのが○○。3,000gの元気な女の子でした」

そしてお金の苦労はあったけど、幸せな子育て期があって、夫も仕事を頑張っていた。教育費も貯めなきゃなとか考えていたり、ディズニーランドに連れていきたいなとか考えているとき、子供の異変に気づきました。

 

②経験した現実から、気づきを得たということ。

病院ではこの病気を知らず、大きな大学病院で初めて診断された。自分はラッキーだったけど、違う病気に誤診されてなくなっている子も多いということも分かった。

 

③現状を打破するアイデア

子供は長生きできないと言われているが、今はまだ毎日会話もできている。しかしこの先どうなるか分からない。もっと研究を進めて欲しい。でも、現状はあまり進んでいない。原因はなにか、研究のための予算と人材らしい。

そこで、こういうアイデアを思いつき、こういう活動をしている。

 

④論理を用いて感情に訴える

もし子供の立場で、寿命の20歳まで刻々と迫っていく気持ちはどうだろうか。もし親の立場として、別れのときが近づいていく気持ちはどうだろうか。

 

⑤コミットメント

自分の覚悟と本気度を短い言葉で訴える。

 

⑤行動を促す、協力を求める、具体的行動を喚起する

今日、お願いしたいのは、○○と○○ということ。お金をくださいということではなく、お金を集める仕組みづくりに協力をお願いしたいということ。そのために○○という情報を持っている方はいらっしゃいませんか。

ここにいるみなさんは、人を助けたい、世界を変えたいと思って活動されていらっしゃる方がただと思います。みなさんの使命感に訴えたいのです。小さなことで結構です。協力をしてくれませんか。

 

この流れだったら、聴衆の感受性の受信機がややポンコツでも、割と多くの人が心を動かして貰える。キーワードは、物語の力、だよ。人は、物語によっていろいろなものを理解するだろ。人生そのものがそうなんだから。人生という物語のなかで経験を積み、学びを得て、次の行動を決めてるだろ。

 

パンフレットの文字の羅列は単なる情報。インフォメーションでしかないよね。心はインフォメーションでは動かない。動くのは、物語によってなんだよ。

 

俺が好きな麻布十番のたいやき屋がある。そこは薄皮の美味しいたい焼きなんだが、実は似たような味なら全国沢山あると思う。でもね、俺は新幹線の中でふと読んだ雑誌にこうあったんだよ。

先代の店主が戦前から労働者相手に提供してきたから、品のない甘さをポリシーにしている。戦争中はたい焼きを作れず空襲もあったので、店主は道具一式を地面に埋めて隠した。戦争が終わってからまた道具を掘り出し、復興の街で労働者向けの甘い甘いたい焼きをまた始めて、今に至るんだ、と。

俺はいろんなイメージが頭をめぐり、新幹線を降りてすぐに麻布十番に向かったんだ。まるで夢のようなたい焼きに思えた。歴史の物語を感じながら熱々のたい焼きを頬張った。

物語の力って絶大なんだよ。

 

悪いけど、たい焼きよりもっともっと使命感のあることを考えていらっしゃるのに、伝え方がポンコツなせいで、俺はもう資料すら捨ててしまった。それが誰だったかももう分からない。病気の名前も忘れた。今後、協力することもないと思う。

そして、きっとこのままならその活動も下火になるだろう。世界は何も変わらないままで。

もったいない。本当にもったいない。なんかさ、伝え方が悪いせいで、むしろ時間を奪われた感じすらして、少し腹が立ったんだよね。もったいなさ過ぎるだろ。

事実、俺の周りで後からその話題を出した人は1人もいないよ。

 

NPOって多くはそんな感じだよね。悪いけど。肝心なことを気づけないのは、きっと本当に使命感で生きていないのかもなって俺は思ってしまうんだよ。

友達ごっこがしたいだけでしょ、と。