奴隷制度から抜け出すために

今の日本社会って、明らかに奴隷制度なんだろうと思う。

でも、それは昔のわかりやすい奴隷制度と違って、複雑に絡み合っているんだよね。

 

たとえば、今の暑い時期、電車の運転士はものすごく大変だと思う。集中力を使う仕事を、猛暑の中で遂行しなければならない。当然作業中に水分を取るのは絶対必要なことだと思うが、運転席の後ろで見ている乗客のおっさんが、けしからんとクレームをつける。

最近も、熱中症で搬送された運転士がいて、一つ前の駅で自販機で飲み物を買っていたという。次の駅で倒れてしまったんだが、もしかしたら死んでいたかもしれない。そんな事情なんか無視して、やはりおっさんはクレームをつけるんだろう。

消防士が飯食ってもクレーム、サラリーマンがコンビニで弁当買って食ってもクレーム、なんでもクレーム。

 

これ、運転士や消防士が奴隷だって話じゃないんだよ。

逆で、クレームをつける人が実はこの日本社会で奴隷になっているんだってこと。

 

お客様は神様ですと、某演歌歌手が無責任にリップサービスしたせいで、日本は客が絶対神のようになってしまった。客であるだけでどれだけでも威張れるのが日本社会。

自動車営業マンには理不尽な値引きを要求したり、ただで物を寄越せと要求する泥棒行為が横行し、気に食わなかったら全額返品保証とかいう媚びた会社さえある。

もちろん消費者の権利っていうのは守られるべきではあるんだけど、売り手の権利はほとんど無視されている。

たとえば生命保険の営業レディは、1人の客が1ヶ月や2ヶ月で解約すると自分の給料がありえないくらい減る。ボーナスが無くなることもある。もちろん客には解約する権利はあるけれど、営業レディの収入という部分ではその所属する会社さえ守ってくれない。さらにそんなに解約されるのが早いのは、不正があるからだと疑うような調査を始める会社さえあるという。営業レディはシングルマザーが多く、決して豊かではない。

びっくりするほど、仕事をする人間の権利はないがしろにされている。机上論で規制を作る一部のお偉いさんの公務員以外はね。

ちなみに、その営業レディは歩合給が収入のほどんどで、成績が未達だと解雇もある。仕事をしないと収入も維持できない。でも、残業も休日出勤も厳しく規制されている。それは彼女たちには守られていることにはなっていない。

 

もうずれまくった社会制度の中では、はたらく人みんなが心がゆがんでいると思う。

日本社会では誰もが奴隷になり、誰もが客という絶対神にもなれる。

 

だから自分が客になったときは、横柄に振る舞いたいと思うおっさんが多いんだよ。それを本当に口に出して言うおっさんを何人も見たことがある。普段クレーム言われてるんだから、俺が客のときはクレームを言ってもいいだろう、と。

それがに今の日本の奴隷制度の複雑な仕組みなんだろうね。

 

みんなが誰かの王様になり、みんなが誰かの奴隷になる。

 

ファミレスでお冷を持ってきてくれたおばちゃんに、笑顔で「ありがとう」って言ったり、コンビニのレジのお姉ちゃんに「おはよう」って言うことが、奴隷システムから脱出する簡単な近道だと思うよ。

お金の面でも、待遇の面でも、マインドの面でも、その先にある自由を手に入れるために必要なことは、ファミレス、コンビニ、職場の掃除のおばさん、この3つの場所での振る舞い方からだよ。

 

理不尽な発展途上国に生きているという自覚は日本人は必要だよね。

社会制度はどんどん悪くなっていくのが当たり前。自分だけは誇りを持って生きるという気概がサバイバルさせてくれると思ってる。

 

www.youtube.com